ランドセルの歴史について学んでみましょう

ちょっとした豆知識

男の子

明治時代に誕生

ランドセルが誕生したのが、明治時代と言われています。きっかけは明治10年に学習院が開口したためです。初めは教科書などを使用人に運ばせたり、荷物の運び方は人それぞれだったと言われています。ですが、学校では皆が平等という考え方から、自分で運べるようにランドセルが誕生したのです。

軍隊用の背のう

ランドセルが採用され初めた頃は、まだ箱型のランドセルではなかったのです。基本的に軍隊で使用されていた背のうが使用されており、男の子も女の子も背のうを利用していたと言われています。背のうはオランダ語でランセルと呼ばれたことから、ランドセルという名前が付けられたのです。

箱型に変わる

リュックサックのような背のうが箱型のランドセルに変わったのが、明治20年です。素材が黒革になったのは、明治23年とされています。さらに形の寸法や形状などが細かく決められたのが明治30年です。この頃から現代に至るまで、基本的な形は変わっていません。文化として根付いているのです。

もっと大切に

ランドセルの歴史を学ぶことで、ランドセルに対する意識が変わってくるでしょう。もっと大切に扱ってあげようと思えてくるはずです。ランドセルの歴史に関する話は、子供とのコミュニュケーション手段としても利用できます。ランドセルをプレゼントする際に、一緒に話してあげると良いでしょう。

広告募集中